龍仙寺 住職の部屋

広島県の寺院「龍仙寺」の住職です。
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
ヒレとヘレ

容赦なく「時間」がなくなって、あわただしい日々のなか、前坊守からグーグル検索の依頼。

 

 

お肉の「ヒレ」と「ヘレ」と「フィレ」って、どう違うん。調べて!(前^-^坊)

 

 

・・お、おなじじゃろ(-_-;)と言っても、どうしても納得しないので、貴重な時間をさいて検索。。

 

結果、やはり同じなのですけど関西では「ヘレ」と言うらしい。。ほら言ったじゃん。。

 

 

えー牛がヒレで、豚がヘレっておもっとったわ(前^-^坊)

 

 

す、すごい発想ですね(-"-;)。

 

 

 

| 日記 | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
諸行無常

今日という一日、いまこの「時」は、二度と訪れることはない。

すべて形づくられたものは、常(つね)ではない。

 

なんという、残酷なことだろう。

 

しかし・・

 

 

すべてのものは常(つね)ではない、とおそれを抱かざるをえない自分。

 

すべてのものは常(つね)ではない、だから悲しんではならない。と仰るお釈迦さま。

 

 

まさに180度ことなるこの文脈の相違は、いったいなんなのか。。

 

それほどに「無常」という言葉の意味を何ひとつわかっていない、ということなのでしょうね。

 

 

でも、不思議ですね。

 

「・・だから、悲しんではならない」

 

そんな文脈で語れる世界を、見られた方がいらっしゃる。

 

自分にはわからなくとも、お釈迦さまは、そう見てくださっている。

 

それだけで、ずいぶん違いますよね(#^-^#)

 

なまんだぶ

| 日記 | 20:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
その日だけを念頭に

きょうは中国新聞のカルチャーがありました。

 

今回も自分ではどうしても納得のいかないお話で悔しいのですが、いつも最前列で聞いてくださっているYさんが、

 

「今まで「葬式仏教」と考えていましたが、まったく間違っていました。仏教は生き方が問われますね。」

 

と仰ってくださいました。

 

 

うれしい一言でした。。。

 

 

出来るだけのことしかできませんが、出来るだけのことを、精一杯つくす他ありませんね。


お浄土で恩師にご報告する日、そのときだけを念頭に、

 

一日一日、いただいたご縁を、全力で尽くしたいです。

 

なまんだぶつ

| 日記 | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
きょうもまた

月イチの幼稚園の保護者さん対象の「こもれびの会」がありました。

今回は6名のお母さん方が、おひとりおひとりほんとうに真剣なまなざしで、仏さまのお話を聞いてくださっていました。

この場、このご縁が、どれだけ希有なことか。。!仏さまのお話を聞くために、来てくださってるなんて!!!

そこ分かってるのか、じぶん!!!

事の大きさを感ずるほどに、己の力なさがやりきれないですねえ(*v_v*)

「阿呆か、仰いどったらええんや」

「ねばりづよく、伝えつづけるしかない。いうところがあるんですなあ。」

そしてきょうもまた、浄土の恩師の声が導いてくださる。

 今日もまた つれてゆくぞの声聞けば

  道知らぬ身も 迷いやはせん

ですねえ。なまんだぶ

| 日記 | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
己を問われることば

人のこころをひらく一番の方法は

 

その人に「愛されている」と思われることである。

 

愛されていると思われる一番の方法は

 

その人を愛することである・・

 

 

 

トウールミンの本だったか、どこかで読んだ言葉をふと思い出しました。

 

すごい言葉ですね。。己を問われます。

 

 

 

なまんだぶつ

 

| 日記 | 06:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
この子にも及ばない

がんばれがんばれ

 

こっちまでおいでおいでー!

 

5か月の次女ひとちゃんが、ハイハイらしきものを始めました。

はじめは顔面で進んでましたけど、とにかく前にすすんでます。すごい。

 

わたしも、坊守も、じーじも、ばーばも、みんな手をたたいて呼んでいますが、ふと思いました。

 

一週間前はけっして、こんな風に呼びかけなかったなあって。

なにせ自分から近づいてくることなんて、まったく想定していなかったですから。。

 

 

阿弥陀さまはけっして「がんばって、こっちにおいで」とは仰らない。

 

阿弥陀さまが見通されている自分のすがたは、この子にも及ばないのだなあ。。

 

 あさましき身をはじつゝもよき親を

  もてるほこりに勇むわれかな (暁烏敏)

 

なまんだぶ

| 日記 | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
お月さま
自分はほんとニセモノだなあ・・
 
本当にニセモノって、よくわからない日本語だけど
 
自分の中に仏法はない。と、つくづく感じる今日この頃。

 
だからこそ、仏法を仰ぎつづけていきたい。


お月さまのように、たとえデコボコの石ころでも、いや石ころだからこそ、ただ光を仰いで生きていきたい。

ただ、その一事を思う今日この頃です。

なまんだぶつ
| 日記 | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
草ごとでなさ

今日から春の永代経法要!

 

ということで、今朝は境内の草むしりをしました。

 

 

むしむし むしりむしり…φ(..)

 

 

 

なんで、このいのちは、むしられなければならないのだろう・・

 

人知れず、やっとのことで、こんなに根っこを張ったというのに、

目にとまったら、その根っこからむしられていく。

 

 

「あなたは、必要ないですよ」

 

 

とでも、言われているように。。

 

ひとごと、いや、草ごとでなさを感じながら、そのいのちを他ならぬ、自分がむしっている。。

 

 

和上が仰っていたなあ・・

 

「名もなき花、いうのはないんですな。こちらが知らんだけですなあおじいちゃん

 

 

あ、そういえばコブクロにもありましたね。

 

「名もなき花には、名前をつけましょう・・」

 

 

名もなき花はない。名まえをつけてくださる方がいるかぎり。

 

なんまんだぶつ

 

IMG_7388.JPG

| 日記 | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
言葉にならない
煩悩具足の凡夫ということは


生きているかぎり、煩い、悩みつづけていかなければならないということ。

そして愛するものさえ、煩わせ、悩ませながらでしか、生きていけないということ。

いや、生きても、死んでも、そうだということか。。




打つ手がない。




その煩悩具足の凡夫を


喚んでくださる声がある。


「そのまま来い」と


「さわりなし」と





言葉にならない。。。



なんまんだぶつ
| 日記 | 22:02 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
ひとひらの花びらに

ひとひらの

花びらのような

 

つつましく

ささやかな

日々の出来事に

 

万感の思いをいだいて

生きてゆく

 

 

どうか、どうかそんな人になってほしい。

 

IMG_7333.JPG

 

 武田 一芭(ひとは)

 

 

生まれてきてくれて、ありがとう

 

ようこそ、ようこそ…

 

 

だいじょうぶだよ

 

まんまんちゃんが、いらっしゃるんだよ

まんまんちゃんに、遇わせてもらうんだよ

 

おおきな、おおきな世界が、あるんだよ…

 

南无阿弥陀仏

| 日記 | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP