龍仙寺 住職の部屋

広島県の寺院「龍仙寺」の住職です。
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
いま、ここ
ああなったらなァ…
こうなったらなァ…

の向こうじゃない。


いま、ここ。


いま、ここで、それは見出してかなきゃならないんだよ。

なんでや〜
なんでや〜

の今此処に、阿弥陀さまは届いてくださってるのだから。

忘れてくれるな、わがこころ。

なんまんだぶつ
| - | 15:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
地区総代研修旅行

地区総代さんをはじめ、ご門徒のみなさまとの研修旅行にいきました!


きびしい坂道もありましたが、

「わたしゃあ歩かにゃいけんのんですよ。コンパスは短いんですけどね(^-^)」

と、相変わらず可愛いF島さん。


帰り際に総代さんから残ったビールを手渡されながら、

「またまた嫌いなものを(^ω^)」

と悪い笑みを浮かべられるN尾さん。


ご門徒さん方の絶妙なやりとりと笑みに遇えた一日でした(^◇^)

IMG_9470.jpg

足の弱いF永さんの手をずっと握ってあげてるI田さん。二人の後ろ姿、輝いてます(^◇^)

| - | 15:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
この子にも及ばない

がんばれがんばれ

 

こっちまでおいでおいでー!

 

5か月の次女ひとちゃんが、ハイハイらしきものを始めました。

はじめは顔面で進んでましたけど、とにかく前にすすんでます。すごい。

 

わたしも、坊守も、じーじも、ばーばも、みんな手をたたいて呼んでいますが、ふと思いました。

 

一週間前はけっして、こんな風に呼びかけなかったなあって。

なにせ自分から近づいてくることなんて、まったく想定していなかったですから。。

 

 

阿弥陀さまはけっして「がんばって、こっちにおいで」とは仰らない。

 

阿弥陀さまが見通されている自分のすがたは、この子にも及ばないのだなあ。。

 

 あさましき身をはじつゝもよき親を

  もてるほこりに勇むわれかな (暁烏敏)

 

なまんだぶ

| 日記 | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
お月さま
自分はほんとニセモノだなあ・・
 
本当にニセモノって、よくわからない日本語だけど
 
自分の中に仏法はない。と、つくづく感じる今日この頃。

 
だからこそ、仏法を仰ぎつづけていきたい。


お月さまのように、たとえデコボコの石ころでも、いや石ころだからこそ、ただ光を仰いで生きていきたい。

ただ、その一事を思う今日この頃です。

なまんだぶつ
| 日記 | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
草ごとでなさ

今日から春の永代経法要!

 

ということで、今朝は境内の草むしりをしました。

 

 

むしむし むしりむしり…φ(..)

 

 

 

なんで、このいのちは、むしられなければならないのだろう・・

 

人知れず、やっとのことで、こんなに根っこを張ったというのに、

目にとまったら、その根っこからむしられていく。

 

 

「あなたは、必要ないですよ」

 

 

とでも、言われているように。。

 

ひとごと、いや、草ごとでなさを感じながら、そのいのちを他ならぬ、自分がむしっている。。

 

 

和上が仰っていたなあ・・

 

「名もなき花、いうのはないんですな。こちらが知らんだけですなあおじいちゃん

 

 

あ、そういえばコブクロにもありましたね。

 

「名もなき花には、名前をつけましょう・・」

 

 

名もなき花はない。名まえをつけてくださる方がいるかぎり。

 

なんまんだぶつ

 

IMG_7388.JPG

| 日記 | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
言葉にならない
煩悩具足の凡夫ということは


生きているかぎり、煩い、悩みつづけていかなければならないということ。

そして愛するものさえ、煩わせ、悩ませながらでしか、生きていけないということ。

いや、生きても、死んでも、そうだということか。。




打つ手がない。




その煩悩具足の凡夫を


喚んでくださる声がある。


「そのまま来い」と


「さわりなし」と





言葉にならない。。。



なんまんだぶつ
| 日記 | 22:02 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP